絆甲子園TOPページへ
開催に向けて 開催概要 チーム紹介 絆 ご協賛のお願い
 
チーム紹介タイトル
 
東松島リトルシニアタイトル
冬場の厳しい練習に耐え、打撃力の成果が出てきており、波に乗れば上位から下位まで破壊力のある攻撃が期待できます。
守備は派手なプレーを求めず、堅実なプレーを心掛け、無駄な失点を防げれば、いい試合ができると思います。
今大会も“全力疾走、全力の声”ひがまつ野球を追求して参ります!
 
絆甲子園出場に向けて
緑川 優斗選手
今年も絆甲子園に招待して頂きありがとうございます。 東松島リトルシニアのみんなで試合に出られるのは後少ししかないので、全力でプレーしたいと思います。 3年間指導して下さった監督、コーチ、自分達をサポートしてくれた父母達に感謝の気持ちを忘れずに、これからも野球を続けていきます。
 
荒川 勝哉選手
今年もご招待頂きありがとうございます。3年生の仲間達と一緒にプレーできる残り少ない機会なので、思いっきりプレーを楽しみたいと思います。宜しくお願いいたします。
桜井 悠選手
今回で5回目の絆甲子園。 今年も宮城が開催地と言うことで、ご招待頂きありがとうございます。 昨年度は残念な結果におわりましたが、今年はシニア人生ラストの絆甲子園です。 三年生の先輩方についていく事ばかりでしたが、今は逆の立場になりました。 人数が少なく、後輩達の力を借りて試合に臨む事しか出来なかった私達ですが、最後まで一生懸命諦めないで闘う姿を、後輩達、そして監督、コーチ、父兄の皆さんの心に残るよう、精一杯出し切りたいと思っています。 今大会にご招待してくださった関係者の方々、今まで愛情もって厳しくご指導して下さった監督・コーチ陣、常に体力限界まで声をだして応援して下さっているご父兄のみなさんに、今もっている全てのプレーを見ていただけるように、全員野球で最後まで頑張りたいと思っています。
 
太田 陽都選手
ご招待ありがとうございます。昨年に引き続き宮城で開催していただき嬉しく思います。 東松島リトルシニアの仲間と野球ができる最後の夏。野球ができる喜びを胸に、これまで関わってくださったすべての方々に感謝し、最高の夏の思い出を作ります。
中村 紘大選手
今年も絆甲子園が開催されることを嬉しく思います。野球ができることに感謝しつつ、はつらつプレーで支援していただいた皆さんに感謝の気持ちを表したいと思います。また、復興をめざして頑張っている皆さんを元気づけたいです。
 
渥美 光選手
今年もまたご招待頂きありがとうございます。選手権と言う大きな大会が終わってしまいましたが、それに負けないくらいの全力プレーで戦いたいです。日々支えてくれた人に感謝をして野球をしていきます。
原田 凱成選手
今年も絆甲子園にご招待いただきありがとうございます。 野球ができることに感謝し、2年半ともに汗を流したチームメイトとの残り少ない野球を楽しみながら全力でプレーをしたいと思います。 チームの勝利のために精一杯頑張ります。
 
秋山 大成選手
あの日、ボクは家や学校、大切にしていた野球の道具を全て無くしました。 野球ができない日々が長く続きましたが、それでも「野球がやりたい」と言う思いだけは消えることはありませんでした。 今、こうして大好きな野球ができるのは支援していただいた多くの方々のおかげです。 絆甲子園では、これまで支えてくれた方への感謝の気持ちを込めて全打席フルスイングで恩返しをしたいと思います。
小森 諒選手

これまで一緒に辛い練習に取り組んできた仲間と一致団結して決勝まで残れるよう、一戦一戦大切にプレーしていきます。また、出場している選手達の素晴らしいプレーを見て、自分もプレーに生かしていきたいです。自分も先輩達の役に立てるようがんばります。

 
日野 雅崇選手
絆甲子園では、選手権で良い結果が残せなかったので今回は、しっかりと良い結果を出して三年と共に思い出になる試合をして、自分は、良いピッチングが出来るように頑張りたいです。
佐藤 駿太選手
御招待ありがとうございます。震災から4年あまりが過ぎ、今もこうして野球を続けていられることに心より感謝しています。これからも感謝の気持ちを持って、野球を続けて行きたいと思います。
 
木村 俊哉選手
今年で5回目を迎えるこの大会に招待していただきありがとうございます。 たくさんの方々の協力で、おもいっきり野球が出来る環境になりました。支援してくださった方々への感謝を込めて頑張りたいと思います。 また3年生と野球が出来る最後の大会になるのでサポートをしっかりし楽しんでいきたいと思います。
三浦 竜靖選手
今回で5度目を迎える絆甲子園に招待いただきありがとうございます。 震災にあったときは自分は野球をしていませんでしたが、復興支援のために来てくれた プロ野球選手に憧れ野球をはじめました。 選手権で負けてしまいましたが、この大会では今まで積み上げてきた練習の成果を存分に発揮したいと思います。
 
佐々木 尚人選手
今年も絆甲子園にご招待していただきありがとうございます。 この大会は、3年生と野球が出来る最後の大会となります。 3年生を全力でサポートし、いつも支えていただいている皆さんに感謝の気持ちを忘れず、自分に出来る事を精一杯頑張ります。
小野 竣佑選手
今年も絆甲子園に招待して頂きありがとうございます。 大好きな野球が出来る事と、支えてくれる沢山の方々への感謝を忘れず、仲間と野球が出来る時間を大切にしたいです。 そして、今自分が出来る事を一生懸命頑張りたいと思います。
 
工藤 陸選手
今年も絆甲子園にご招待頂きありがとうございます。 先輩方と出来る試合を大切にして一戦一戦全力で頑張ります。 そして、他県のチームの事を知る大切な機会なので、しっかり学びこれからの野球に活かして行きたいと思います。 最後に野球が出来る環境とご指導、サポートして頂ける全ての方に感謝して全力で頑張ります!
吉田 虹大選手
今年も絆甲子園のご招待ありがとうございます 監督やコーチ、親などに感謝して自分のできることをしっかりやりこの大会に望み達と思います。
 
藤木 健人選手
今年も絆甲子園に招待して頂きありがとうございます。 この大会は三年生と一緒に野球ができる最後の大会です。三年生が最後に最高のプレーが出来るように自分の準備をしっかりして、全力でサポート・応援していきたいです。
芳賀 柊仁選手
この度は、絆甲子園に招待していただきありがとうございます。自分達は常に勝つ事をモットーにしてきました。今大会では、野球が出来る事、支えて下さる方々への感謝の気持ちを忘れず最後の一球まで全力プレーで頑張ります。
 
石丸 未来人選手
ご招待ありがとうございます。震災から四年。自分達が、今、野球に夢中になれている事に深く感謝しています。支援して頂いた皆様に全力プレーで恩返ししたいと思います。 この絆甲子園が三年生の集大成となる様に、東松島ファミリー全員で勝ちに行きたいと思います。
高橋 賢史選手
今年も絆甲子園に招待して頂きありがとうございます。自分達東松島リトルシニアは日々の厳しい練習に励んでいます。三年生の先輩方にとって最後の舞台なので全力でプレーが出来るようサポートしたいと思います。
 
藤原 輝太選手
絆甲子園に招待して頂きありがとうございます。 初めての絆甲子園ですが、野球ができることに監督やコーチに感謝して、2.3年生の為に声を出して応援をして、一つでも多く勝てるように頑張りたいです!
小川 嵐選手
絆甲子園に招待して頂きありがとうございます。僕は初めての絆甲子園となります。自分に出来ることを精一杯やり、全力で先輩たちのサポートをしていきたいと思います。
 
坂本 萩樹選手
今年も絆甲子園にご招待頂きありがとうございます。 僕は1年生なので、絆甲子園では先輩方が全力で試合出来るように、自分も全力でサポートや応援をしていきたいと思います。 また、監督、コーチ、親の方々には、野球が出来る喜びに感謝しながら、野球を精一杯頑張りたいと思います。
 
<< チーム紹介へ戻る
 
 
 
主催   絆甲子園事務局   後援   文部科学省   特別協力   株式会社セレコーポレーション建栄会
            宮城県   協力   ニッポン放送
            石巻市        
            東松島市        
            東松島市教育委員会        
            株式会社セレコーポレーション        
 
 
絆甲子園事務局   開催に向けて開催概要チーム紹介絆 〜きずな〜ご協賛のお願い
〒104-0031
東京都中央区京橋三丁目7番1号 相互館110タワー5階
TEL:03-3562-3000 E-Mail:info@kizuna-koshien.com
 
絆甲子園に関するお問い合わせはこちら