絆甲子園TOPページへ
開催に向けて 開催概要 チーム紹介 絆 ご協賛のお願い
 
チーム紹介タイトル
 
石巻中央リトルシニアタイトル
東日本大震災で専用グランド流失し、練習場所の確保に苦労しておりますが、地域のみなさまに支えられて活動しております。
野球が出来る事に感謝し、心の成長、技術の向上に取り組んでおります。
「今、出来る事を全力で」を合言葉に、すべての事に感謝し全力で取り組み行動する事により最後まで諦めない野球を目指します。
 
絆甲子園出場に向けて
阿部 樹選手
私達は、絆甲子園には3回目の出場となります。震災から4年が経ちました。石巻市や被災地全体が復興してきました。被災地域復興の為にも僕達が、日頃の厳しい練習でやってきたことをチーム一丸となり、全力をつくし絆を深め今出来ることを頑張りたいと思います。
 
佐藤 響選手
今年もまた絆甲子園に招待していただきありがとうございます。
今年で自分達は三年目になりますが、今まで自分達が中心となって出場したことはないので、新たな気持ちで臨みたいと思います。
震災から四年がたち、復興も進みつつありますが、まだまだ完全に復興できたというわけではないので、自分達から元気を発信していき、復興に繋がるように頑張ったいきたいと思います。
丹野 遥人選手
今年も絆甲子園に招待して頂きありがとうございます。
絆甲子園では、一つ一つのプレーを確実に決め積極的に行動したいです。また他のチームの選手との交流を深めたいと思います。三年生は、最後の出場になるので気合を入れて頑張ります。
 
千葉 渉選手
絆甲子園に招待して頂きありがとうございます。今まで3年間一緒に頑張ってきた最高の仲間達とプレーできることに感謝し最後まで諦めずに楽しく悔いの残らない戦いをして、チーム皆で最後は笑顔でおわれるように頑張りたいと思います。
千葉 慶大選手
今年も招待して頂きありがとうございます。
私達3年生は最後の出場となりますが、仲間とさらに絆を深められるような大会にして行ければと思います。
『頑張る時はいつも今』を胸に精一杯頑張り、最高の夏にしたいです
 
澤田 佑選手
絆甲子園に招待して頂きありがとうございます。
震災から4年が経ちました。まだまだ以前のような生活などは出来ていません。しかし、日々野球が出来るのは、皆さんのおかげであり、指導者の方々や保護者の方々にも感謝しています。チームメイトにも支えられていることを忘れずに仲間を信じて全力でプレーしたいと思います。
日野 峻明選手
今年も絆甲子園に招待していただきありがとうございます。僕は三年生なので、シニア生活最後になります。今年の絆甲子園を楽しみにしています。今野球ができるのは親の方々のおかげです。感謝気持ちを込めていつも野球に取り組んでいます。一つ一つのプレーに集中し、全力でプレーしていきたいと思います。自分は三年生で残り少ない試合、一戦一戦を大切にし、仲間と共にがんばります。元気にはつらつとしたプレーをみせます。よろしくお願いします。
 
遠藤 拳斗選手
絆甲子園への参加も今年で最後になります。
今まで支えてくれた、家族、監督やコーチの方々に感謝し、野球の出来ることに感謝。
何より厳しい試合を一戦一戦共に戦い、今日まで支えてくれた仲間との絆、この仲間との最後の試合になるので、感謝の気持ちと、今まで自分達が石巻中央リトルシニアで積み上げてきた力を全部出しきり、悔いの残らない野球をし全力で楽しみたいと思います。
相沢 悠斗選手
今年も絆甲子園に招待していただきありがとうございます。去年に引き続き石巻での開催となるので、見に来て頂く地域の方々に元気になってもらえるよう、全力プレーで頑張りたいです。それから、このチームで出来る一試合一試合を大切にし、監督・コーチ・親の方々に感謝して悔いのないよう楽しんで試合に臨みたいと思います。
 
千葉 翔斗選手
絆甲子園に招待して頂きありがとうございます。最高の仲間とプレーできることに感謝し、感謝の気持ちをプレーで表したいと思います。また、このチームで野球が出来るのも残り少ないので悔いの残らない戦いをして思いっきり楽しみたいです。
阿部 陽平選手
今年もご招待いただきありがとうございます。
東北は全国の方々のおかげで復興しつつあります。
支えてくださった方々に感謝の気持ちを込め、全力でプレーし、3年間一緒に頑張った仲間たちと最後の絆甲子園を楽しみたいです。
 
橋 陸選手
御招待ありがとうございます。僕は3回目の参加になります。石巻はまだまだ復興途中ですが僕たちはグランドが無い不便さを除けば、ほぼ震災前と同じように活動出来ています。これも支援してくださる皆様のお陰だと思っています。絆甲子園は沢山の友情を育める素晴らしい大会で毎年とても楽しみにしています。今回は僕にとって最後の絆甲子園!沢山の思い出を作り絆甲子園を卒業したいと思います。準備してくださった皆様ありがとうございました。
齋藤 紘也選手
今年も絆甲子園に招待して下さってありがとうございます。自分が野球を続けて来れたのも、監督、コーチ、チームメイト、両親のおかげです。このチームメイトと野球が出来るのも残り少ないので、全員野球で全力で野球を楽しみたいです。
 
橋 大翔選手
今年も絆甲子園に、招待していただきありがとうございます。去年の試合では満足のいくサポートができなかったので今年は3年生が1勝でも多く勝てるように全力でサポートしつつ、多くのことを学びとりたいです。
推野 紘太郎選手
昨年に引き続き、絆甲子園に招待していただきありがとうございます。
野球に集中出来る環境を作って下さる指導者の方々への感謝、親への感謝を忘れずに、自分が今出来る事を精一杯頑張ります。
そして、この絆甲子園でたくさん勝利して優勝したいです。
 
亀卦川 祥太選手
絆の甲子園に招待して頂きありがとうございます。今年、地元石巻での開催なのでとても嬉しいです。先輩方とプレーできるのは最後だとおもうので1つ1つのプレーに集中し全力で頑張りたいです。
また、監督やコーチ、親の方々に感謝の気持ちを忘れずプレーしたいです。
佐藤 凌玖選手
今年も、絆甲子園に招待していただきありがとうございます。
僕は、2年生なので3年生のサポートを全力でし、先輩たちが100%の力を出せるようにがんばりたいと思います。
そして、大きな声でチームを盛り上げていきたいと思います!
今、こうして野球ができるのは、監督、コーチ、親のおかげだと思うので、感謝の気持ちを忘れず悔いのないように全力でがんばりたいと思います。
 
古内 友希選手
昨年に続いて、絆甲子園に参加出来る事を楽しみにしています。先輩方が出る最後の大会なのでベンチを盛り上げたり、一生懸命応援したり、自分に出来る事をしていきたいと思います。そして、先輩方をサポートしていきたいです。自分もチームの勝利に少しでも貢献出来る様に頑張りたいです。これからも野球が出来る事に感謝してプレーしていきたいと思います。
松山 稜河選手
絆甲子園にご招待いただき ありがとうございます。
今野球ができるのは、野球関係者の方々や、監督、コーチ、保護者の方々のおかげだと思います。絆甲子園では 感謝の気持ちを忘れずに、現時点で自分にできることを全力でしていきます。
また、三年生の先輩方と一緒に野球ができるのも残り少なくなってきましたので、ひとつでも多くの勝利を勝ち取っていきたいと思います。
 

山口 雄飛選手

今年も、絆甲子園を開催していただき、ありがとうございます。
3年生の先輩達とは後少ししか野球ができないので、悔いの残らないようサポートし、勝利に向けて頑張りたいと思います。
また主催者の皆様や全国の皆様に感謝し、僕たちの元気な姿を見ていただける様チーム一丸となり全力でプレーします。
平塚 楓人選手
絆甲子園に招待していただきありがとうございます。
3年生の試合も残りわずかとなったので、一戦一戦を大事にし、3年生、2年生のサポート、応援を全力でやり、三年生には悔いのない試合にしてほしいとおもいます。
 
相沢 宗選手
絆甲子園に招待していただきありがとうございます。僕は始めて絆甲子園に参加しますが、1年生として先輩方が集中して試合が出来るようにサポートや応援をしっかりやりたいと思います。
そして、今こうして野球が出来るのは多くの支えて下さる方々のおかげだと思うのでその方々に感謝して取り組みたいと思います。
相澤 諒選手
絆甲子園にご招待していただき、ありがとうございます。
絆甲子園は初めての参加ですが、1年生として2年生・3年生の先輩方に迷惑を掛けないように、一生懸命応援やサポートをやりたいです。
また、この絆甲子園を優勝できるように精一杯応援したいです。
 
浮津 里空選手
絆甲子園に、ご招待して頂きありがとうございます。
三年生の先輩と一緒に試合が出来るのは、残りわずかなので精一杯、応援して楽しみたいと思います。
 
<< チーム紹介へ戻る
 
 
 
主催   絆甲子園事務局   後援   文部科学省   特別協力   株式会社セレコーポレーション建栄会
            宮城県   協力   ニッポン放送
            石巻市        
            東松島市        
            東松島市教育委員会        
            株式会社セレコーポレーション        
 
 
絆甲子園事務局   開催に向けて開催概要チーム紹介絆 〜きずな〜ご協賛のお願い
〒104-0031
東京都中央区京橋三丁目7番1号 相互館110タワー5階
TEL:03-3562-3000 E-Mail:info@kizuna-koshien.com
 
絆甲子園に関するお問い合わせはこちら