絆甲子園TOPページへ
開催に向けて 開催概要 チーム紹介 絆 ご協賛のお願い
 
チーム紹介タイトル
 
新座東リトルシニアタイトル
昨年に続き2回目の参加をさせて頂きます。「中学生らしく」「礼儀正しく」「全員野球」を心がけ、練習を続けています。最強!!ではありませんが最高の仲間たちのチームになりました。熱心な指導を続けて下さる監督・コーチ、常に応援して下さる御父兄の皆様と一緒に一喜一憂し楽しい野球を継続しています。
 
絆甲子園出場に向けて
内藤 圭亮選手
自分達のチームは団結力がとても大切なチームなので、この大会でも選手が皆一丸となり良い結果を出して行きたいと思います。自分は投手なので、捕手との呼吸を合わせ最高の投球が出来る様に努力したいと思います。
 
猪狩 勇樹選手
絆甲子園への御招待ありがとうございます。自分は、絆甲子園で同じ野球を愛する東北の仲間とプレーを通じて絆を深めたいと思います。大会では、監督、コーチ、スタッフの方々、チームメイト、そして家族、今まで自分を支えてくれた全ての人達に感謝の気持ちを込めてプレーします。
石田 将輝選手
この大会は、チームメイトが一緒にグランドに立つ最後の大会です。この大会の目標は、シニア公式戦最後の打席をヒットで終わらせること、そして、細い小さい身体でも長打が打てる、野球が出来ることを分かってもらえる様に全力でプレーします。絆甲子園に参加させて頂きありがとうございます。
 
竹下 輝海選手
僕はこの大会では、全力でプレーする事を目標に頑張りたいと思います。最高のプレーでチームを盛り上げたいと思います。また、絆甲子園は今の仲間との最後の大会になるので今まで以上に絆を深められる様に頑張りたいと思います。
長沖 一真選手
東日本大震災から四年が経ちました。震災の記憶が徐々に薄れて行く中、僕等は、僕等の時代に起きた事実を忘れる事なく、日頃普通に生活が出来る事に感謝しなければならないと思います。そして、この大会に参加する事を大切にし、残されたシニアでの野球を精一杯楽しみたいです。
 
上野 隆成選手
東日本大震災が起きるまでは、「自分が野球をしているのは当たり前」と、思っていました。でも、震災が起き地震や津波による様々な環境の変化のため大好きな野球がやりたくても出来ない人達がいる事を知りました。今まで自分が当たり前と思っていた事が実は、家族や仲間、監督やコーチ等々たくさんの人達に支えられていたんだという事に気付きこれからも、感謝の気持ちを忘れずに全力でプレーして行きたいと思います。
金野 雄宰選手
この大会が、このメンバーで臨む最後の大会です。僕は野球がヘタクソです。でも、走力には自信があるので走る事では負けたくありません。一つでも多く盗塁をし、僕の足でチームを勝利へ導きたいと思います。今日まで支えてくれた両親、監督、コーチに感謝し全力プレーで最高の「絆」をこのチームで、この仲間達と作りたいと思います。
 
植竹 駿選手
絆甲子園への招待ありがとうございます。恵まれた環境で野球が出来る事に感謝し、自分に出来る精一杯のプレーをします。チームメイトとの絆を試合で表現出来る様頑張ります。
藪 圭一郎選手
「努力は嘘をつかない」。この言葉を座右の銘として三年間練習をしてきました。今まで流してきた汗に自信と誇りを持って、その集大成としてこの大会に臨みたいと思います。そして、僕等のチームカラーと言える「元気」を東北に届けたいと思います。
 
小菅 拓海選手
この大会は、シニアでの最後の大会になります。三年間、汗や涙を流しとても辛く感じた事もありました。でもそれを乗り越えた時、全く別の素晴らしいものを感じる事が出来ました。今は、その気持ちを胸に全力でプレーして行きたいと思っています。
河村 龍紀選手
この大会は、僕達3年生にとって最後の大会です。そこで、僕はこの大会に目標を持って臨みます。それは、悔いが残らない様全力でプレーする事。その為には、どんな場面でもマウンドに立てる様にしっかりと準備をしておきます。そして、この大会の優秀選手になれる様最高のプレーを心がけます。絆甲子園に参加させて頂きありがとうございます。
 
瀬戸口 陸選手
僕が野球を続けられているのは、監督、コーチ、チームスタッフ、チームメイト、そしてずっと見守ってくれた両親のおかげだと思います。野球が出来る事に感謝し、全力でプレーし、ベストパフォーマンスを見せたいと思います。
田村 尚樹選手
震災から4年が経ちました。最近、あまり耳には聞こえてきませんが、あの時の衝撃的な出来事は今でも忘れる事が出来ません。被災者の方達はあれだけの事があっても力強く生活されています。僕等は、今、野球が続けられることに感謝する気持ちを持って皆様の力強さに負けない位のプレーをする事を心がけて頑張りたいと思います。
 
東川 鷹生選手
シニア生活での最後の大会になります。チームの持ち味になる「元気」を100%出し切れる様頑張ります。そして、一球一打に集中して最高のプレーが出来る様に努力します。
唐澤 大成選手
僕はこの大会で、チームの声の中心となれる様努力します。自分は、野球の技術面での自信はありません。でも、声を出す事にそれは関係ないと思っています。声の中心になると言う事は自分の最高の仲間を、最高の舞台で、最高に輝かせる事が最高の華道です。その思いを胸に会場を声という熱で沸かせ燃えるような熱い試合を出来たら・・・と感じます。シニアでの3年間、お世話になった監督、コーチ、スタッフの皆様、チームメイト、そして何よりも両親に心から感謝し、しっかりと大会に臨みたいと思います。
 
須江 龍吾選手

絆甲子園に招待して頂きありがとうございます。僕達は辛い時でも精一杯声を出し相手を圧倒するスタイルで元気よく戦ってきました。僕は、この仲間で野球をする事が最高に楽しいです。だから、ベンチでも精一杯声を出します。
そして、グランドに立った時は悔いの無いプレーを心がけこの大会を最高のものにしたいです。

鈴木 裕太選手
絆甲子園は、僕のシニア生活での最後の大会になります。だから、ここまで二年半自分が学んできた事の総てを発揮したいです。今回も、そしてこれからも野球が出来る事に感謝し、この大会を有終の美で飾れる様チームメイトと気持ちを一つにして優勝を目指します。
 
海老島 大翼選手
「絆甲子園」は僕達3年生最後の大会です。最高の仲間とチームの団結力を高め、今までやってきた事に悔いが残らない様、そして、観戦にいらした方々に少しでも勇気を与えられる様一生懸命プレーします。
峯田 陽選手
この絆甲子園が新座東シニアとして僕達が出場出来る最後の大会になります。自分達の持ち味になる、「大きな声、元気なプレー」を今までで一番というくらい出し、活き活きしたプレーが見せられる様にしたいと思います。また、学んできた総てを余すことなく発揮出来る様頑張りたいです。
 
古川 平雅選手
この大会は、シニアでの最後の大会になります。だから、正々堂々、真摯に試合に臨みたいと思います。そして明るく、楽しく前向きにプレーしたいです。また、今まで自分に野球を続けさせてくれた親に感謝の気持ちを込め、試合に出たら最高のプレーをするその姿で気持ちを伝えたいと思います。
島村 和志選手
絆甲子園に招待頂きありがとうございます。僕がこれまで野球を続けられたのは、両親、監督、コーチ、チームメイト等、いろいろな人達のおかげです。絆甲子園では、僕を支えてくれた人達への感謝の気持ちを込めて、優勝を目指して頑張ります。
   
 
 
 
<< チーム紹介へ戻る
 
 
 
主催   絆甲子園事務局   後援   文部科学省   特別協力   株式会社セレコーポレーション建栄会
            宮城県   協力   ニッポン放送
            石巻市        
            東松島市        
            東松島市教育委員会        
            株式会社セレコーポレーション        
 
 
絆甲子園事務局   開催に向けて開催概要チーム紹介絆 〜きずな〜ご協賛のお願い
〒104-0031
東京都中央区京橋三丁目7番1号 相互館110タワー5階
TEL:03-3562-3000 E-Mail:info@kizuna-koshien.com
 
絆甲子園に関するお問い合わせはこちら