絆甲子園TOPページへ
開催に向けて 開催概要 チーム紹介 絆 ご協賛のお願い
 
絆タイトル
絆イメージ
 
 
 
 

野球評論家  鈴木尚広氏

 
 
「絆 甲子園」第7回大会が去年に引き続き、私の故郷・福島で開催されることを大変嬉しく思っています。

そして、この大会にご尽力頂きました関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。
私は去年、現役を引退しましたが野球で学んだことはたくさんありました。
準備 積み重ね チームプレーの大切さや勝ったときの喜び 負けた時の悔しさなど多くの経験ができ野球を通じて人間力を成長することができました。
出場する選手の皆さんには試合を思う存分楽しんでさらに絆を深めてそして、全力でひたむきにプレーしていただきたいと思います。
応援しています。チームと自分を信じて頑張ってください。

鈴木尚広
 
 
 
 
 
このたび、第7回「絆甲子園」野球大会が開催されますことを心よりお祝い申し上げます。
主催者の皆様とおかれましては、東日本大震災の発災から6年が経過し、震災の記憶の風化が懸念される中、被災地に思いを寄せたこのような大会を今年も開催していただき、深く感謝いたします。
選手の皆様は、日々白球を追い、努力を続けてこられたことと思います。「がんばる時は、いつも今!」 という大会テーマにもありますように、全力でプレーし、日頃の練習の成果を十二分に発揮していただきたいと思います。
また、東京都・千葉県・茨城県から参加される選手の皆様におかれましては、東日本大震災の被災地の現状を間近で体感され、一人でも多くの方々に被災地のことを伝えていただければと思います。
様々な地域から選手が集まるこの大会が、選手の皆様の友好の輪を広げ、絆を深めるとともに、野球を通 じ、地域を越えた仲間達との交流が、これからの日本の未来を切り開く力になることを願っております。
結びに、本大会の開催にあたり御尽力いただきました関係者の皆様に深く敬意を表しますとともに、本大会の御成功と選手の皆様の御健闘を祈念申し上げます。

宮城県知事 村井 嘉浩
 
 
 
第7回絆甲子園野球大会が、東北・関東から多くの選手並びに関係者の皆様を、お迎えし、福島県で盛大に開催されますことに対し、心よりお祝い申し上げます。
東日本大震災から6年4か月が経過し、被災地である東北の復興については、全国の皆様のご支援により着実に進んでまいりました。 ここ東北の地で「絆甲子園in福島」大会が開催され、東北の震災復興のために頑張っておられる観客席の皆様に、野球リトルシニアの元気なすばらしいプレイ姿を御披露し、大きな感動を与えてくれることと存じます。
選手の皆様には、普段の練習の成果を充分に発揮され、野球スポーツの楽しさを通じて選手同士の絆を深め、本大会が、皆様にとって、楽しい良き思い出の大会となりますことをお祈り申し上げます。
結びに、本大会の開催に御尽力されました関係者の皆様に敬意を表しますとともに、大会の御成功と選手の皆様の健闘を御祈念申し上げます。


石巻市長 亀山 紘
 
 
 

熊本東リトルシニア  監督 吉本 幸夫氏

 
 
日頃より大変お世話になっております。
熊本東リトルシニア監督の吉本でございます。
第7回絆甲子園が本年も福島で開催されることに、心よりお慶び申し上げます。
昨年は、絆甲子園にご招待いただき誠にありがとうございました。
東日本大震災で被災した子供達と熊本地震により被災した子供達が、絆甲子園を通じて交流と親睦を深め、勇気と元気を与えていただいたことは、子供達にとって、また指導する私にとって、一生の思い出になる大会となりました。

昨年の絆甲子園に参加した後、新チームとして活動を開始致しました。
しかし、益城町のグランドが熊本地震の影響で復旧せず、グランド確保がままならない 状態となった際、地元熊本の沢山の野球関係者のご理解とご協力によって、他チームのグランドを使わせていただき練習に取り組むことができました。
創部以来29年になりますが、これまで野球を続けてきた“絆”のお陰であると心の底から感謝した次第です。新チームの実績は、八代市杯準優勝、日本選手権九州予選ベスト8と優勝することはできませんでしたが、8月に開催されるホークスカップに九州リトルシニア連盟の代表として出場できることになりました。

今年で7回目を迎える絆甲子園に出場される12チームの選手の皆さんが、これまでの練習で積み重ねた努力を発揮する場所として、またチーム一丸となってプレーし、野球を通じて絆を深める大会となることをお祈りしています。
最後に、本大会の開催のためにご準備されている大会関係者の皆様に心より敬意を表し、本大会のご成功を祈念申し上げ、お祝いのメッセージとさせていただきます。
 
 
 
第6回絆甲子園 メッセージ
 
 

福岡ソフトバンクホークス(株)取締役会長 王 貞治氏

北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平 選手

野球評論家 小宮山悟氏

北海道日本ハムファイターズ投手コーチ 黒木知宏氏

読売巨人軍 鈴木尚広選手

 
 
「絆 甲子園」第6回大会が私の故郷・福島で開催されることを嬉しく思います。
そして、この大会にご協力いただいた関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

選手の皆さんには、日頃から積み重ねてきた練習の成果を存分に発揮し、一つのボールに対してひたむきにプレーして下さい。
そして、仲間がいることの大切さを肌で感じ、皆さんの絆がより深まる大会にして下さい。応援しています。


読売巨人軍 鈴木尚広

埼玉西武ライオンズ 1軍打撃コーチ 嶋重宣 氏

 
 
「絆甲子園」第6回大会の開催おめでとうございます。
2011年は東北で、そして今年は熊本で大きな地震があり、いまだ普段の生活ができずに また野球をしたくてもできない方々がいらっしゃると聞いています。
今年の大会では熊本県のチームが招待されているようですので、ぜひ被災地に元気と勇気を与えられるようなプレーをして大会を盛り上げてください。そして参加される皆さま同士、チームという垣根を越えた「絆」が深まるよう期待しています。
皆さん、頑張ってください!

埼玉西武ライオンズ 1軍打撃コーチ 嶋重宣

埼玉西武ライオンズ 星孝典 選手

 
 
「絆甲子園」第6回大会の開催おめでとうございます。今年も開催されると聞き、とてもうれしく思います。
皆さんの全力プレーは、見ている方々に「感動」を与えます。これまでの努力を信じ、共に励んできた仲間を信じ、最後の一球まで全力を尽くしてください。そして、大好きな野球を通じ、たくさんの仲間との「絆」を深めてください。
今大会は、4月14日「平成28年(2016年)熊本地震」が発生した熊本からも参加するチームがあると聞きました。そのチームのみんなとともに最高の思い出をつくり、そして最高の大会になるよう期待しています。


埼玉西武ライオンズ 星 孝典
 
 

アーティスト 大友 康平氏

佐藤B作氏

 
 
東北地方での復興がまだまだの状態ですのに、熊本、九州地方でまた大変な災害が起きてしまいました…。
九州地方の皆様に心よりお悔やみ申し上げます。
少年諸君、この様に、生きるとは、とても大変な事なのです!!
でも、これからも我々人間達は、自然界からのお恵を頂いて生きていくのです。
時々牙をむいて、人間共に猛省を強いる自然界ですが、こんな素敵な土のグラウンドがあるからおもいっきり野球ができるのです。
土のグラウンドに感謝する気持ちを忘れてはいけません…。
そして何より、何があろうと何が起きようと、気持ち負ける事なく前に向かって歩き出す大人に成長していって下さい!
野球をとおして、沢山のお友達ができる事を祈っています!

頑張ろう、日本。

佐藤B作

狩野英孝氏

 
 
もうすぐで、ボクは35歳になる。若手と言われてた自分も間もなく中堅と言われる歳だ。中堅といえば、若い人達に「夢」を与えなければいけない。
自分に何が出来るだろう?と思ってた時、去年の仙台育英の試合を見て、鳥ハダが立った。 最後まで諦めない気持ち、絶対、勝つと信じた精神力。 自分より、はるか年下の子供達に大切な事を教えてもらった。
しかし、全くその気持ちが無かった分けでは無い。宮城から、芸人になろうと、東京に上京した時は、彼らと同じ気持ちだった。忘れてたあの熱い想いを思い出させてくれてありがとう。ただ感謝。自分も、もっと「夢」を与えられるよう、1つ1つ大事に、時間を大切にしていこう。

狩野英孝

稲垣潤一氏

 
 
今、若い世代に限らず、目標がないと云う方が少なくない時代。
ひとつのことに打ち込める、とても素晴らしいことです。
いつもの力を発揮し、真剣勝負見せて下さい。
選手一人一人の一生懸命なプレイに我々は感動、パワーを頂けます。
皆さんの想いと、選手の想いがひとつになる「絆甲子園」 「絆甲子園 第6回大会 ~震災に負けない東北パワーを熊本へ~」応援しています。

稲垣潤一
 
随時、応援して下さる方々のコメントを公開していきます。
 
 
 
主催    絆甲子園事務局   後援    スポーツ庁  
            福島県    
            福島市    
            宮城県    
            石巻市        
            東松島市        
            東松島市教育委員会        
            株式会社セレコーポレーション        
 
 
絆甲子園事務局   開催に向けて開催概要チーム紹介絆 ~きずな~ご協賛のお願い
〒104-0031
東京都中央区京橋三丁目7番1号 相互館110タワー5階
TEL:03-3562-3001 E-Mail:info@kizuna-koshien.com
 
絆甲子園に関するお問い合わせはこちら