絆甲子園トップページへ
大会趣意 主催者メッセージ 開催報告 絆 次回開催予定 メディア紹介 絆リンク
絆甲子園トップ > 開催報告 > 第2回絆甲子園 > 参加チーム紹介 > 石巻リトルシニア
   
第2回絆甲子園開催報告
◆開催概要
◆参加チーム紹介
◆開会式
◆試合風景
◆懇親会
◆成績・優秀選手
◆感謝の手紙
◆協賛企業
◆開催報告に戻る
参加チーム紹介タイトル
 
石巻リトルシニア
『礼儀・自立心・忍耐・感謝の心』を忘れず、高校で活躍できるような基礎体力を行っている。昨年度は震災の影響もあり練習量が少なく、試合では悔いが残る結果が多く、その悔しさを引き継いだ最上級生は選手自身が個々の課題を持って自主練習に励んでいます。野球ができる環境に感謝の気持ちを忘れずに役員・指導者・父母がチーム一丸となり頑張ります。
第2回絆甲子園出場に向けて
菅野又海士選手
昨年に続きご招待してくださり有難うございます。震災から1年がすぎ、石巻もまだまだ復興への道は長いですが、こうしてチームの皆と野球ができる事に感謝の言葉しかありません。石巻チーム一員としての試合も今日で終わりますが、精一杯声をだし楽しくプレーをします。
 
今野範生選手
第一回に続き第二回もご招待いただきありがとうございます。 石巻は今も震災の爪跡が残っています。僕達が野球をやれているのは全国からのご支援のおかげです。その期待に答えるためにも、全力プレーで頑張りたいと思います。
安住虎之介選手
絆甲子園では、たくさんの方々や仲間に支えられて野球ができていることへの感謝の心を忘れずにプレーしていきたいと思います。また、他のチームのプレーで参考になる所は学んでいきたいです。日本選手権での敗退から得た事が無駄にならないように、一生懸命頑張りたいです。
 
西條栄佑選手
ぼくは、今年三年生になり、最後の大会も終わり、これから高校受験にむけて勉強をしないといけません。
そして、今年も絆甲子園があるということで、今も練習をがんばっています。去年、震災でまわりのかたがたに支えられたことを忘れず、それに感謝し、良いプレーを出来るようにがんばりたいです。
西條晃平選手
ご招待ありがとうございます。昨年、大震災がありましたが、この仲間だからこそ震災を乗り越え続けてこれたのだと思います。地域の方、父兄の皆さん、監督・コーチへ感謝の気持ちを忘れずに、このチームでできる残り少ない試合を楽しみたいと思います。
 
阿部雄大選手
第一回に続き第二回もお招きいただき本当にありがとうございます。僕たちの町、石巻は復興のまっただ中です。まだまだ、厳しい環境におかれている方々も沢山います。このような中で、変わらずに野球を続ける事が出来るのも全国いや世界の人たちの支援のおかげです。感謝の気持ちを忘れず精一杯“絆甲子園”頑張りたいです。
佐々木諒大選手
第2回絆甲子園に招待していただき、ありがとうございます。昨年は、震災により野球ができるか不安でしたが、たくさんの方々の支援のおかげで大好きな野球をすることができました。
絆甲子園は、三年生の先輩との最後の大会になると思うので、思い出に残る最高の試合ができるように、精一杯がんばりたいです。
 
姥澤翔太選手
今回で第2回絆甲子園が開催されることを嬉しく思います。
去年は震災もあり野球ができることの幸せを感じた一年でした。石巻シニアに入団して一年経ち、学校の部活との両立が大変だと思う時もありますが、自分自身がやる!と決めて始めた事には最後まで頑張っていこうと思います。
自分なりに、一試合一試合悔いのないプレーをしたいと思います。
このような機会を主催して頂き、ありがとうございます。
佐藤海選手
去年に続いて今年も招待していただき、ありがとうございます。あれから一年がたつと思うとあっという間です。この一年間色々な人に助けられながら過ごしてきて、感謝の気持ちでいっぱいです。去年絆甲子園でお世話になった方々に僕達の成長した姿を見てほしいです。
 
山内徹人選手
今回の絆甲子園で、頑張りたいことが2つあります1つ目は、今までやってきたことを全力でプレーすることです。2つ目は、野球ができるということに感謝して野球をすることです。 これらのことを意識して絆甲子園に望みたいと思いました。
鈴木拓哉選手
僕は、絆甲子園に初めて参加します。ご招待頂きありがとうございます。
僕は、この大会に出て声をいっぱい出しチームのみんなを盛り上げられるように頑張りたいです。
また野球以外のところでも挨拶、礼儀をきちんとしたいと思います。よろしくお願いします。
 
大山由人選手
昨年の「第一回絆甲子園」に続いて、今年も「第二回絆甲子園」に招待していただき、ありがとうございます。
大会を運営してくださる方々や、震災後、野球ができるような状況でないなかで、野球ができるように支援してくださった方々に感謝し、頑張りたいと思います。
また、3年生の先輩にとっては最後の大会になるので、悔いの残らない試合になるように、僕達も頑張ります。
遠藤航太選手
今年も絆甲子園に、参加させて頂くことができ感謝の気持ちでいっぱいです。
僕達は野球の出来ることに感謝し、応援し支えてくれる方々に感謝の気持ちを忘れず、日々練習を頑張っています。
絆甲子園で、野球を通して頑張っている石巻を見せたいと思います。。
 
小林遥太選手
絆甲子園を企画・運営してくださった方々に感謝し、この大会を通して仲間との絆を深めたいと思っています。また、3年生にとってはこれが最後の大会となるので、しっかり3年生をサポートして、最後まであきらめないプレーをしたいと思います。ベンチにいても試合に出ても、全力で頑張ります。支えてくれている方々や仲間への感謝の気持ちを忘れずに、野球ができる幸せをかみしめ、元気よく、思いっきりプレーします。
阿部崚斗選手
去年の東日本大震災の時、僕は小学6年生でした。震災後、僕達のグラウンドには、仮説住宅が建てられ、数ヶ月間練習場が無く、野球が出来ませんでした。
そんなとき時、石巻シニアの練習場で野球をすることが出来ました。僕は中学生になったら、石巻シニアでプレイをしたいと思いました。
念願が叶い石巻シニアに入り、野球が出来るのは、協力してくれる人達が沢山いるからなんだ、ということに気付かされました。
その感謝を込めて絆甲子園では、一生懸命プレーをしてきたいです。
 
木村祥太選手
絆甲子園に招待ありがとうございます。試合に向けて頑張ろうと思う事があります。一つは、サードランナーコーチで的確な判断をして得点に繋げる事です。もう一つは、守りの時、ベンチで声を出し応援する事です。まだ 1年なので、先輩達のプレーを良くみて上手くなりたいと思います。
幾島健太選手
僕達のために、絆甲子園に、招待していただき、ありがとうございます。
僕は、震災後、野球を全力でプレーすることで、元気になりました。それは、監督、コーチ、そして両親のお陰だと感謝しています。これからも、この気持ちを忘れず、野球を頑張っていきます。
 
亀山泰裕選手
震災から一年が過ぎ、石巻シニアも練習できる状態になって来ました。選手達は、日々つらい練習をし、大会に向けて努力をして来ました。この努力を無駄にしないで、野球をやらせてくれた、親の方々、監督に感謝し、この絆甲子園で勝ち進んで行きたいと思います。
佐藤翼選手
僕は、絆甲子園で応援を頑張りたいと思います。
僕はまだ1年生なので、試合に出る機会があまり無いと思うので、先輩達をしっかり応援して、よく見てきたいです。そして、早く試合に出られるように練習を頑張りたいです。
最後に絆甲子園にご招待して頂き、ありがとうございます。
 

村上俊輔選手

絆甲子園に招待して頂き、ありがとうございます。
僕は、初めて参加します。去年の震災で大切な先輩や仲間を亡くしました。その仲間の分まで野球を一生懸命やりたいです。
この大会では、色々なチ-ムの試合を観て、自分の成長に役立てたいです。それから、自分の出来る事をしっかりして、先輩をサポートしたいです。一試合・一試合集中し、みんなで力を合わせて、心に残る大会にしたいです。
阿部翔稀選手
震災から1年4ヶ月がたち、やっと普通の生活を送りつつある中で野球が出来ることは、とても幸せな事だと思います。絆甲子園に招待して頂き感謝の気持ちを持ちながら、自分の出来ることを精一杯頑張ろうと思います。
 
小海途樹選手
僕は、まだ1年生なので、試合に出られないと思います。でも、僕は、応援を精一杯し先輩達が元気を出る応援をしたいです。それから自分にできる仕事を見つけ、試合に出る先輩達が少しでも練習できるように先輩達に迷惑をかけないようにしたいです。
 
気仙沼リトルシニア石巻リトルシニア石巻中央リトルシニア東松島リトルシニア仙台宮城野リトルシニア会津リトルシニア
福島リトルシニア郡山リトルシニア千葉北リトルシニア千葉緑リトルシニア八千代リトルシニア東京青山リトルシニア
>> 参加チーム紹介に戻る <<
 
絆甲子園事務局
大会趣意主催者メッセージ開催報告絆~きずな~次回開催予定メディア紹介絆リンク
〒104-0031
東京都中央区京橋三丁目7番1号 相互館110タワー5階
TEL:03-3562-3000 E-Mail:info@kizuna-koshien.com
絆甲子園に関するお問い合わせはこちら