絆甲子園トップページへ
大会趣意 主催者メッセージ 開催報告 絆 次回開催予定 メディア紹介 絆リンク
絆甲子園トップ > 開催報告 > 第2回絆甲子園 > 参加チーム紹介 > 八千代リトルシニア
   
第2回絆甲子園開催報告
◆開催概要
◆参加チーム紹介
◆開会式
◆試合風景
◆懇親会
◆成績・優秀選手
◆感謝の手紙
◆協賛企業
◆開催報告に戻る
参加チーム紹介タイトル
 
八千代リトルシニア
創部1982年、千葉県八千代市内に本拠地を置くリトルシニアチームです。『礼節を第一に、健康で清々しい中学生、感謝と思いやりを持った野球健児を育成』を活動目標とし、硬式野球を通じて子供達の心身を錬成し、高校野球に繋がる選手の育成を図っています。昨年に引き続き今年も「絆・甲子園」に参加させていただき、好きな野球が思い存分できる環境に感謝し、全力プレーでこれまでの練習の成果を発揮したいと思います。
第2回絆甲子園出場に向けて
齋川英明選手
昨年の3月11日の震災を経験し、大好きな野球が出来ることや、普通に学校に通えることがとても恵まれていることだと改めて感じました。東北のみなさんは、自分達には想像できないくらい辛く苦しい思いをしたと思います。今回の「絆甲子園」では、野球を通して東北のみなさんに少しでも元気や勇気を与えられるように、また、東北のみなさんとの絆がつくれるように全力でプレーしたいと思います。これからも震災に負けずに頑張ってください。そして、思い切り野球を楽しんでください。
 
大西響選手
大地震から一年半になろうとしています
僕は大震災のことを忘れないで自分に出来ることを頑張りたいと思います
絆甲子園では東北のチームの選手と楽しく野球が出来たらいいなぁと思います
大矢根真登選手
絆甲子園も2年目になり、あれから1年が経ちました。
あっという間の1年でしたがみんなの野球環境は改善されましたか?
野球ができるという当たり前のこの環境に僕は感謝の気持ちを忘れずに1球に魂を込めて追いかけ走り回りたいと思います。
同じ中学3年生…頑張ろうぜぃ!!
 
河島禎紀選手
3月11日 東日本大震災により、広範囲で被害がおこり、多くの人々が命を落とし、僕達には想像もつかないほど大変だったと思います。今年も絆甲子園が開催されると聞き、東北のシニアの方々と野球を通じて、少しでも楽しむ事が出来たら嬉しいです。お互い好きな野球を全力プレーで頑張りたいです。
菅野真也選手
2011年のあの悲劇から1年、僕達はこの大会を絆甲子園という名前で行っていますが、この大会は絆だけではなく復興のために頑張ってくれた人達への感謝の気持ちや、又野球ができる喜びなどの思いがあり、そしてそれだけではなく、深い悲しみを味わった人達と野球を通して元気付けたいと思います。そして勝ち負け関係なく楽しんでプレーしてもらいたいです。
 
小林玲央選手
あの大きな震災から1年4ヶ月がたちました。
被災地の東北では一時期野球が出来なく、野球道具も流されて、とても辛かったと思いますが、今年もまた絆甲子園で会えること、一緒に野球が出来る事をとても嬉しく思います。昨年はあまり勝てませんでしたが、今年は負けないよう精一杯のプレーが出来ればいいと思います。
高見峻弥選手
震災の後、東北では自分と同じ中学生達が野球をしたくても出来ない状況にありました。
今、僕達が野球を出来る事は、当たり前ではないのです。
絆甲子園では、野球を出来る事に感謝して、東北の選手たちと交流を深めたいと思います。
 
田代優人選手
去年、東北のチームの人たちは野球どころではなかったと思いますが、試合をしたとき「何でこんなに明るいんだろう。強いなあ」と思いました。
また、交流ができて嬉しいし、試合をするのが楽しみです。
東日本大震災から1年以上がたちましたが、まだ復興出来ていないところがほとんどだと思います。
これからも頑張って下さい。
田熊禎選手
僕は昨年の絆甲子園に参加させてもらいました。大震災でグランドや野球道具を流されたり大切な人を失った人達とどう接したらよいのか正直わかりませんでしたが、出会った東北の選手達はみんな笑顔でいてくれ、こちらの方が元気と勇気をもらいました。
今年は僕達が東北の選手に何か感動を与えられるよう、何ごとにも全力で取り組みます。個人的には試合はもちろんのこと大食い大会の優勝狙っています。
 
千葉圭亮選手
『東日本大震災から 一年がたち、その記憶を風化させてはいないだろうか。
被災地の方々への苦しみや辛さ、希望を そして自分が生きていることの尊さ、感謝の気持ちを 忘れてはいないだろうか。
今こそ、再度 被災地へ気持ちを寄り添い、かけがえのない時間の大切さを 意識すべきときだと思う』
南原秀星選手
東日本大震災から一年四ヶ月が過ぎ、少しずつ復興しています。被災された方々のなかには、まだまだ辛く悲しい思いをしている方がたくさんいると思います。そんな中 二回目の絆甲子園が開催されることになり、とても楽しみにしています。まわりのみんなのおかげで野球ができることに感謝し、最後まで諦めることなく全力でプレーしたいと思います。
 
牧原孝樹選手
昨年の大会はとても心に強く残りました。今年も参加できる事が嬉しいです。
東北では、まだ大変な思いで生活されている方が多いと思います。参加チームのみんなと野球を頑張って、楽しい思い出をいっぱい作りたいです。
本吉 尊雄選手
昨年の絆甲子園で東北のチームと試合をして東北の選手の挨拶やひとつひとつプレーが心に残っています。
グランド挨拶、プレーに込められている気合い、それらを見て僕は野球に対する感謝が足りていないと思いました。
そういう大事な事を気付かせてくれた絆甲子園でした。
「絆甲子園」にも感謝して今年も力一杯、頑張りたいと思います。
 
山田裕貴選手
震災があってから2度目の夏がやって来ました。去年の夏は、震災があってから間もなかったので、あの日の記憶がまだ頭の中にありましたが、今年3月11日、ちょうど1年が経ったその日からだんだんと忘れかけていました。なので、僕はあの日の事をこの絆甲子園を期に再び思い出し、野球が目一杯できる事に感謝し、東北の仲間達との対戦はいつも以上に全力プレーを心掛け、野球の本当の楽しさをお互い味わえる様にしたいです。
山田義喜選手
自分は野球ができるという事は当たり前の事だと思っていました。しかし、震災が起きてからは野球ができるという事は当たり前じゃない事に気づきました。今回の大会では、全力プレーで東北の方々に元気や勇気を与えられるように頑張ります。
 
横山祐太選手
東日本大震災からもうすぐ1年半を迎えようとしています。僕たちにはあまり実感がない為いつも通り生活し、野球をしていますが、まだ、あの日のことを鮮明に覚えている人やまだ大変な思いをして生活をしている人達がたくさんいます。僕たちは普通に生活でき野球が出来ることに感謝しなければいけないと思います。僕たちがこの大会を通して元気なプレーをし、少しでも笑顔を取り戻せるよう精一杯頑張ります。
石倉和真選手
絆甲子園は、被災した人たちと野球を通して心を通わせる大会だと思います。自分たちが、普段何気なく過ごしている毎日の被災した人たちにとっては、今の苦しい日々を送っていると思います。だから絆甲子園を通じて、今以上に普通に生活していられる事の有難みや生きていられる事を感謝して行動したいと思いました。
 
大場幹久選手
あの日、僕は今までで一番の恐怖を感じました。あれから一年半僕達は環境の良い場所で野球をしていますが、
東北の方々は、まだ大好きな野球ができない人がいます。
そんな人がいるなかで、僕が野球をしているのは、僕は支えてくれる人のおかげです。そのことに、感謝したいです。
この大会、東北の人達は、恐怖などくるしかったことを忘れて楽しく、笑顔で野球をしてほしいとおもいます。
そして、東北でも、楽しく野球ができるように僕達も支援します。
櫻井健太選手
東北には、野球がやりたくても場所や道具の問題で出来ない人がたくさんいると思います。そう思うと自分は、とても良い環境に恵まれていると、実感しました。それと同時に野球への姿勢をもっと替えないといけないと感じました。この大会も2回目を迎え去年以上の結果を残せるように、精一杯先輩を支えられるよう頑張ります。
 

立石靖樹選手

東北の皆さんがいろいろなことを乗り越えながら野球をしているのに、当たり前のように野球をしている自分がいます。この大会を通じて、今野球ができることや普通に生活できていることに感謝し、全力ですべてに取り組んでいきたいと思います。
冨永隼人選手
僕は5年間野球をやってきて成長してきました。一方で、昨年の震災では多くの人が大切なものを失ったことを知りました。僕は、この絆甲子園で、今まで5年間無事に野球をやってこれたことに感謝しながら、東北のチームと対戦をして思いっきりプレーをしたいと思います。
 
奈良岡恒希選手
2011年3月11日に起きた東日本大震災。
千葉県にも大きな被害がありました。
でも、東北ではもっと大きな被害を受けグランドや大切な仲間までも失ってしまった人も多くいると思います。
僕たちが、普段から野球ができる環境にありますが、
この絆甲子園大会の2日間で、たくさんの仲間との出会いや、昨年に続き、この大会を設けてくれた人たちに感謝し、日本に元気を送れるよう全力でプレーします。
古澤祐弥選手
今、僕たちは当たり前のように野球をしています。だけど、十分な環境の中でできない人も、まだたくさんいると思います。絆甲子園は、僕たちが恵まれたところで野球ができるということを実感できる場だと思います。お互いに正々堂々と戦いましょう。
 
的場陸選手
僕は東日本大震災で被災された方々に対して、なにもできてない自分がとても情けなかったです。だから、僕は野球という一つのやり方で被災地の方々の助けや勇気・希望になりたいと思っています。とても小さいことだと思うけど、少しでも役に立てるよう、この絆甲子園という大会で最後まで諦めず全力でプレーします。遠くから来てる相手チーム・自分達のために出来る限りの事をします。やるからには当然勝ちます。がんばります。
森迫衛選手
震災から早一年半が経ちます。
昨年の絆甲子園では、野球ができることに感謝しました。
第二回が開催されることに喜びを感じています。
東北の復興に貢献するという大きなことは僕にはどうしたらいいのかわかりません。
しかし今大会ではより一層絆を深められるよう
一人ひとりとの出会いを大切にし、正々堂々とプレーしたいと思います。
 
吉田優矢選手
自分は、この「絆甲子園」を通じて東北の被害を受けた人々と正々堂々勝負したい!
自分達が毎日野球をできることはふつうだと思っていた。
しかし、去年の震災でふつうではないということに気づいた。毎日野球をできるこの環境に感謝してこの大会で人々を感動させるようなプレーをしたい!
楠裕人選手
東日本大震災から一年4ヵ月が経ちました。いまだに自分のしたい事が出来ない人達がニュースでよくやっています。それを見ていると自分たちがとても裕福だと思います。自分たちはやりたい事が出来るので、出来ない人達の分まで野球を頑張りたいです。
     
 
気仙沼リトルシニア石巻リトルシニア石巻中央リトルシニア東松島リトルシニア仙台宮城野リトルシニア会津リトルシニア
福島リトルシニア郡山リトルシニア千葉北リトルシニア千葉緑リトルシニア八千代リトルシニア東京青山リトルシニア
>> 参加チーム紹介に戻る <<
 
絆甲子園事務局
大会趣意主催者メッセージ開催報告絆~きずな~次回開催予定メディア紹介絆リンク
〒104-0031
東京都中央区京橋三丁目7番1号 相互館110タワー5階
TEL:03-3562-3000 E-Mail:info@kizuna-koshien.com
絆甲子園に関するお問い合わせはこちら