絆甲子園トップページへ
大会趣意 主催者メッセージ 開催報告 絆 次回開催予定 メディア紹介 絆リンク
絆甲子園トップ > 開催報告 > 第一回絆甲子園 > 参加チーム紹介 > 東京青山リトルシニア
   
第一回絆甲子園開催報告
◆開催概要
◆参加チーム紹介
◆開会式
◆選手宣誓
◆試合風景
◆懇親会
◆成績・優秀選手
◆感謝の手紙
◆協賛企業
◆開催報告に戻る
参加チーム紹介タイトル
 
東京青山リトルシニア
東京青山リトルシニアは、硬式野球を通して青少年の健全な育成と、体力の増強、礼儀作法を育てることを目的としています。野球の大好きな子供達が、当チームでの活動を通じて、高校や大学等に進んだ際に、野球を思う存分楽しむ事のできる基礎的な体力、技術、知識そして心を鍛えていく環境と場所を提供し、かつ彼らの人間的成長を応援し、保護者との理解と協力の基、本人の努力に期待していくことに主眼を置いています。
第1回絆甲子園出場に向けて
1 佐野宗洋選手
自分は初めてこんなに大きな震災を経験しました。
東北の方々は大切なものがたくさん流されてしまったと聞きました。
今回は色々な方々の話が聞ける良い機会だと思います。
ただ試合となれば話は別。このチームで優勝の経験が無いので、真っ向勝負で挑みます。
2 柳田泰隆選手
今までコーチや監督に言われてきたことを思い出しながら練習に取り組んできたのでそのことを忘れずに全力プレーをします。
ピンチの時にはしっかり打ってピッチャーを救いたいです。
3 松平義希選手
今回の震災で野球が出来なくなった東北の人たちが沢山いる中で、僕たちは野球の練習・試合をすることが出来ているので、今、そのことに感謝し東北の人たちの分まで頑張る気持ちで、一球、一球に集中し、全力でプレーします。
4 對馬幸輝選手
震災から5ヶ月がたとうとしています。今もたくさんの人々が復興に尽力しています。その状態のなかで今、野球ができることに感謝してこの大会に臨みます。なので全力ではつらつとしたプレーで優勝を目指します。
5 重田樹選手
高校への課題を見つけるのと共に楽しく野球をしたいと思います!そして、本物の甲子園より盛り上がって選手との絆をより深めたいです!
6 佐藤勝多選手
絆甲子園では今まで野球が出来なく、野球どころではなかった選手達と楽しく精一杯頑張りたいと思います。
野球ができるありがたさをかみしめながら仲間逹と正々堂々と戦います。一生懸命頑張ります。
7 松下拓未選手
この度の大震災で被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
この度の大震災で自分は「恵まれているな」と、とても感じました。今回の絆甲子園で自分達を仲間と思って頂けたら光栄です。
また、震災から思う存分野球ができなかったと思いますが、絆甲子園では思う存分野球をプレーしてください。
8 宮原凛太郎選手
今回の震災で被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
今回の絆甲子園で正々堂々と闘いましょう。
9 佐瀬朝暉選手
今回の震災についてはお見舞い申し上げます。
自分は、今回の震災が起こって野球ができる喜びを改めて知ることができました。
なので、絆甲子園では感謝の気持ちを持ってお互い全力を尽くして頑張りましょう。
10 金子直樹選手
今回の地震で被災者の方々は津波によって物や家がなくなってしまい、本当に大変だと思います。でもそんな中、大地震を起きて野球どころではないかと思います。でも、今だからこそ好きな野球を全力で戦ってまた大好きな野球でいい思い出を作り、ひとつのきっかけになり、勇気や希望が生まれてくれたら、この大会の意味が果たされると思います。そういう大会にするために全力で声を出し、全力でプレイします。
11 佐藤和貴選手
今回災害でグローブやバットがなくなったりした人がとても多くいると聞きました。
野球ができない人がたくさんいる、でもその時間自分達は野球がやれた、だからその成果をこの大会で出せるように頑張ります。
12 荒井恵介選手
自分は今回、生まれて初めてあんなにすごい地震を経験しました。被災した方々は大切な物をこの地震と津波で失ったと聞きました。でもこの絆甲子園では今まで監督、コーチに習ってきたことを全て出し切り全力で戦います。
13 峯海渡選手
今回の震災を経験し思った事は、今、この瞬間に野球が出来る環境に居る事が、とても幸せということです。野球が出来ない多くの人達の分まで頑張らなくてはと思っています。チームメイトになった人もいたかもしれません。その人の為にも全力で野球をしていこうと決めました。
14 重谷智希選手
震災で野球が出来なく、グローブ・バット・スパイク等野球の道具が流されて、とても辛かったと思います。そんな人たちに恥のない試合をしたいです。また、キャプテンとしてチームをまとめ全力でプレーをします。声だけは負けません。
15 新畑嵐太郎選手
自分は、試合に出れるかどうかわからないけれど、出してもらえるなら、チームに迷惑をかけないように全力でプレーします。
16 小松崎翔吾選手
今震災で野球が出来ない人達がいます。
その中でこういう機会がある事はとても幸せな事だと思います。この機会を活かして自分も全力でプレーします。
 
気仙沼リトルシニア石巻リトルシニア石巻中央リトルシニア東松島リトルシニア郡山リトルシニア
相双中央リトルシニア千葉北リトルシニア八千代リトルシニア東京青山リトルシニア
>> 参加チーム紹介に戻る <<
 
絆甲子園事務局
大会趣意主催者メッセージ開催報告絆~きずな~次回開催予定メディア紹介絆リンク
〒104-0031
東京都中央区京橋三丁目7番1号 相互館110タワー5階
TEL:03-3562-3000 E-Mail:info@kizuna-koshien.com
絆甲子園に関するお問い合わせはこちら