絆甲子園トップページへ
大会趣意 主催者メッセージ 開催報告 絆 次回開催予定 メディア紹介 絆リンク
絆甲子園トップ > 開催報告 > 第一回絆甲子園 > 参加チーム紹介 > 石巻リトルシニア
   
第一回絆甲子園開催報告
◆開催概要
◆参加チーム紹介
◆開会式
◆選手宣誓
◆試合風景
◆懇親会
◆成績・優秀選手
◆感謝の手紙
◆協賛企業
◆開催報告に戻る
参加チーム紹介タイトル
 
石巻リトルシニア
第1回絆甲子園を終えて
僕は、絆甲子園に参加できて、本当によかったです。
試合では、思いきってやるということを意識してプレーしました。結果は3勝1敗というとてもいい成績を残すことができました。この大会では、チームメイトと絆が深まったし、他のシニアの人と仲良くなることができました。本当にありがとうございました。

宍戸 廉太
  僕は、この絆甲子園に招待され出場できたことは、とてもうれしかったです。新しく出来た仲間や招待してくれたチーム、他にもいろいろ僕達を支援していただいたことを思い出すと、まだまだ頑張れるという気持ちになります。
これからも僕達は頑張ります。本当にありがとうございました。

大里 遼
       
僕にとって、この絆甲子園はとてもいい経験になりました。特に他チームとの食事で絆が深まったと感じました。そして試合の時には、いつも以上にチームが団結して、とても良い試合をすることが出来ました。
この経験を忘れずにいろんなことに協力していきたいです。

阿部 圭佑
 

僕は、この大会、全力プレーすることを目標にしてやりました。一試合目は東松島シニアと対戦しました。二試合目は八千代シニアと対戦し東京のチームと試合をするのは初めてだったので、少し緊張しました。結果は、みんな全力プレーで勝ちました。自分も良い成績を残せたので良かったです。

阿部 新

       
絆甲子園を終えて、私は沢山の思い出が出来ました。大会では第3位となり、又、懇親会では関東のシニアの方々と食事をしたり、会話する機会もありとても楽しかったです。
最後に私達を招待してくださった絆甲子園の関係者の皆さん、本当にありがとうございました。

武内 琢磨
 

絆甲子園は楽しかっただけではなく、学んだこともたくさんありました。試合ではチーム一丸となり、最高の試合ができました。また、関東のチームの打球の飛距離などの自分の力との差を感じるものもありました。絶対負けません。工藤選手の話も勉強になりました。本当にありがとうございました。

石川 大聖

       
僕は絆甲子園に出場するに当たって、普段よりも自主トレを重ねてきました。
なぜなら僕は、選手権大会で思い通りのプレーが出来なかったからです。
そのかいあって試合では選手権よりも思い切ってプレーでき、チームもよりまとまりをもって戦うことが出来ました。
高校でも野球を続けていきたいと思います。

難波 知太郎
  第1回絆甲子園に被災地の代表として参加させていただき、ありがとうございました。一人一人が悔いのないように全力プレーすることが出来ました。震災後、野球を続けられるかと不安になったこともありましたが、仲間たちと野球が出来たことは、私にとって一生の宝物になりました。

丹野 勇士
       
震災後、これまで通り野球が続けられることに感謝し絆甲子園に参加しました。最高の仲間と試合にのぞみ結果は3位。笑顔で石巻に帰って来ることが出来ました。人と人とのつながり、絆の大切さを強く感じました。
関係者のみなさん本当にありがとうございました。

阿部 咲良
  僕は、「絆甲子園」に参加できて本当に良かったと思っています。「絆甲子園」は、僕達三年生にとって最後の大会でしたが、それだけにチームメイトとの絆もより深まりました。試合でも三勝一敗と良い成績を残すことができました。この大会の思い出をいつまでも大切にしたいです。

星 直孝
       
絆甲子園に招待してくださり、ありがとうございました。この大会では、工藤さんの話を聞いてフォームなどを変えるには、1万回の努力が必要だとおっしゃっていたのが印象的でした。また他のチームの人とも交流ができ、思い出に残る大会になりました。本当にありがとうございました 。

今野 範生
  僕は、他のシニアチームと写真を撮った時に、そのチームの選手から、「震災に負けるなよ!」と言われ、心の温かさを感じ、勇気づけられました。試合でも、バッティングや守備において学ぶことがありました。この大会は、特に人と人との繋がりを考える事ができ、思い出に残る大会になりました。

安住 虎之介
       
自分は、絆甲子園にでて、思ったことは、野球をやってる人は、みんな温かいなと思いました。千葉県の人達は、「地震大丈夫だった?」とか、「水はどこまできたの」と心配してくれました。なので、自分も野球を通して、相手が困ってたりしたら助け合いながらこれからも野球を楽しみたいと思います。

西條 晃平
  僕は、絆甲子園に出て感謝の気持ちを改めて感じることができました。日頃から野球をするのに、家族、監督、コーチはもちろんですが、僕達の知らないところで協力してくれる人達に感謝してこれからも頑張っていきたい。

西條 栄佑
       
絆甲子園にださせてもらい、すごくいい思い出になりました。震災もあり、いろいろ大変でしたが、野球を通じて楽しく皆とやることができて良かったです。工藤選手もきて、ピッチャーの話を聞けることができ、とても勉強になりました。震災の中、野球ができるのも監督、コーチ、家族の支えがあることを忘れず、これからも頑張っていきたいです。

菅野又 海士
  絆甲子園に出させていただきありがとうございました。自分は絆甲子園に出て色々なことを学びました。自分が驚いたのは体格のちがいです。関東のチームは体格がよくて驚きました。しかし来年は自分も負けないようご飯をいっぱい食べて体格をよくします。そして絆甲子園で学んだことを生かしてこれからの練習、試合を頑張っていきたいです。

阿部 雄大
       
絆甲子園に招待して頂きありがとうございました。この甲子園で思ったことは、沢山の仲間がいて、その仲間達の元気あるプレーを見て、この大震災を乗り越え必ず復興出来ると言うことです。自分達が前を向き元気にプレーしてる姿を見せ、復興への一歩になれればと思います。生かされた命に感謝し、野球の出来る喜びに感謝の気持ちを忘れず、仲間との絆を大切にしプレーしていきます。

遠藤 航太
  絆甲子園に参加させて頂き、ありがとうございました。私は、この大会でたくさんの元気をもらいました。3月11日の大震災がおきたことで、野球がもうできないと、思いました。でも、野球がまたできるようになり、喜びを感じています。これからも、野球を続けていきたいです。

山内 徹人
       
自分たちのチームは先輩達のがんばりで、3位という好成績をあげることができました。そして、大会をとおしてチームの絆が深まったと思います。自分はまだ1年生ですが、これからも応援して下さる方々への感謝の気持ちを忘れずに野球の練習に打ち込みたいと思います。

佐々木 諒太
  3月11日の震災で大切な友達を失いました。一緒に野球をするはずでした。沢山の友達も転校して行きました。でも絆甲子園で友達が沢山出来ました。大食い大会などすごく楽しかったです。工藤投手の野球教室もとても勉強になりました。心に残る夏休みの思い出が出来ました。ありがとうございました。

佐藤 海
       
中学生で初めて『絆甲子園』と言う名前を聞きました。甲子園と言うと高校というイメージがありましたが、このように中学生で甲子園を経験できたのはみなさんのおかげです。ありがとうございます。この被災地石巻に勇気をもらえた感じがします。大切な友達もなくしました。その友達の分まで頑張っていきたいと思います。大震災後野球ができるということに感謝しこれからも野球を一生懸命頑張っていきたいと思います。

姥沢 翔太
     
 
 
気仙沼リトルシニア石巻リトルシニア石巻中央リトルシニア|東松島リトルシニア|郡山リトルシニア
相双中央リトルシニア|千葉北リトルシニア八千代リトルシニア|東京青山リトルシニア
>> 参加チーム紹介に戻る <<
 
絆甲子園事務局
大会趣意主催者メッセージ開催報告絆~きずな~次回開催予定メディア紹介絆リンク
〒104-0031
東京都中央区京橋三丁目7番1号 相互館110タワー5階
TEL:03-3562-3000 E-Mail:info@kizuna-koshien.com
絆甲子園に関するお問い合わせはこちら