絆甲子園トップページへ
大会趣意 主催者メッセージ 開催報告 絆 次回開催予定 メディア紹介 絆リンク
絆甲子園トップ > 開催報告 > 第一回絆甲子園 > 参加チーム紹介 > 気仙沼リトルシニア
   
第一回絆甲子園開催報告
◆開催概要
◆参加チーム紹介
◆開会式
◆選手宣誓
◆試合風景
◆懇親会
◆成績・優秀選手
◆感謝の手紙
◆協賛企業
◆開催報告に戻る
参加チーム紹介タイトル
 
気仙沼リトルシニア
第1回絆甲子園を終えて
色々なチームと出会って、対戦してとても楽しく試合が出来ました。僕たち気仙沼リトルシニアは、1勝2敗1引き分けという結果でしたが、悔いは無く、逆に良い経験になりました。絆甲子園に招待していただいて、ありがとうございました。

森 稜貴
    先日は、絆甲子園大会に招待して頂きありがとうございました。この大会はチーム全員で挑む最後の大会となりました。個人的には、悔いなく終えることが出来たのではないかと思っています。そして何より、多くの仲間と交流を深めることが出来た事は、一生の思い出になりました。本当にありがとうございました 。

高橋 尚己
 
       
絆甲子園は最後の大会だった。チーム全員で戦って負けてしまったが、最後まで笑って楽しんで全力でプレーが出来たので良かった。絆甲子園に出場出来た事は、沢山の人の協力が有ったからこそ出来たことなので、本当に感謝している。これからは、いつも感謝を忘れず、全力でプレーしたいと思います。本当にありがとう。

久保田 翔
   

東日本大震災があった中、この様な大会を開いてくださり、ありがとうございました。絆甲子園を通じて、沢山の仲間と絆を深めることが出来ました。これからもこの絆と僕たちを支えてくれた多くの人への感謝の気持ちを大切にしていきたいです。

梶原 謙介

 

       
絆甲子園では関東のチームとの差というものを見せ付けられました。自分たちとは比べ物にならないくらいの体格やオーラ、打球の速さなど見せ付けられました。それと関東の方々からは、沢山の励ましの言葉を頂きました。なのでこれから自分達は、この震災に負けず精一杯頑張って行きたいと思います。

岩石 秀喜
   

東日本大震災があり、被災したチームを招いて絆甲子園を開いていただきありがとうございました。関東などのレベルの高いチームと戦うことが出来ました。仲間達と絆を深めることが出来ました。絆甲子園で会った仲間と甲子園という最高の舞台で再会したいです。

佐々木 広太

 

       
絆甲子園に出場して、今までで一番楽しく、熱く、全力でプレーできた。事実この大会が僕たちにとって最後の大会、大会が終わったあとは涙が出てきた。この大会で仲間のチームワークや感謝の気持ちを学んだ。ありがとう「絆甲子園」。

川村 隼大
    自分が絆甲子園に行って思ったことは、色々な所に応援してくれる人がいることです。道具が流され野球ができる状態ではなかったのを、全国の人達、協会の方々、連盟の方々の支援があったから、野球が出来ていることをあらためて思いました。感謝の気持ちを忘れずにこれからも頑張ります。

佐々木 洋佑
 
       
僕は3年生最後の大会なので楽しくやろうと思っていました。1試合目相双中央戦のマウンドで最初の大事な当番で緊張しながらも先輩達のお陰で楽しく、一番良い投球が出来ました。このチームで試合が出来なくなるのはとても残念だけど、3年生が卒団してもこれからもっと楽しいチームにしたいです。

梅木 雅也
    絆甲子園の大会は、3年生の先輩の最後の大会でとても楽しく野球の試合が出来ました。自分が一番悔しかったことは、2日目の最終回に代打で出場してバットの当てにいって力の無いショートゴロに終わったことです。打てない球ではなかったからとても悔しかったです。でも夜の懇親会では、たくさんのチームの人と話も出来たし、とても思い出になった2日間でした。

村上 光希
 
       
3月11日の東日本大震災の影響で、練習も満足に出来ずにいた僕たち気仙沼チームを、絆甲子園に招待して頂いたことにはとても感謝しています。この絆甲子園に出て、色々な人達とふれあい、改めて絆の大切さを実感することが出来ました。これからも多くの人達とふれあい、絆を深めていきたいと思います。

岩田 凌亮
    3月11日の東日本大震災で全員揃っての練習はあまり出来ませんでした。でも僕たちはこの大会を迎え「悲しさ」を感じさせない試合が出来ました。しかし、残念ながら、負けてしまいました。ですが、この大会をバネにして頑張っていきたいです。

篠崎 光樹
 
       
僕が絆甲子園を通して感じたことは、リトルシニア関係者の人達が思ってくれていると思います。そうじゃないとこの絆甲子園には出れなかったと思います。だから、これからも頑張って被災地の人々とかに元気を届けて行きたいです。

小野寺 涼
    私は絆甲子園で学んだことがあります。それはその名の通り絆です。この大会で他チームとの絆、自分たちのチームの絆は大切だと感じました。この大会では色々な事を学びましたが絆の大切さという事を学べてよかったです。最後にこの大会を開催してくれた人達に感謝したいと思います。

齋藤 亮太
 
       
僕は、絆甲子園野球大会を終えて思ったことがありました。一つは、夜の集まりでチームの代表の人のスピーチで、皆、野球ができることの大切さについて話をしていました。僕はどのチームの選手も野球がとても好きなんだなと思いました。試合でもその気持ちが伝わりました。この大会はとても良い大会でした。

村上 航輝
    この大会に出場して、野球はこんなに人と人との繋がりがあることが分かりました。3年生の最後の試合だったので、今、自分が先輩に何が出来るかを考えて、試合に臨みました。結果は負けてしまったけど、心に残る2試合になりました。本当にありがとうございました。

高橋 雅人
 
       
僕は、絆甲子園では一年生の試合があると聞いて、緊張していましたが、絶対に勝つぞと思いました。3年生の試合では2試合勝って嬉しかったです。でも一年生の試合では2試合とも負けてしまって残念で悔しかったです。次の日の3年生の試合では、結果は負けてしまったけど、3年生のような選手になりたいです。

赤間 蓮
    僕がこの大会で心に残った事が二つあります。一つ目は試合です。試合では負けてしまったけどみんな全力プレーで頑張ったと思います。二つ目は夕食会のことです。東京のチームの人達と美味しく食べれて良かったです。この大会に参加させてくれてありがとうございました。

小山 遥輝
 
       
僕が絆甲子園で印象に残ったことを紹介します。絆甲子園で印象に残ったことは、一年生だけの試合です。僕は一年生の試合でスタメンで試合に出て、バントを決めたので良かったです。これからはこの経験をしっかり生かして行きたいです。

尾形 新太郎
    僕はこの大会で思ったことはこれです。3年生最後の大会なのでみんなで応援して、みんなファインプレーなどして、みんな調子良かったので勝てると思ったら負けてしまいました。でも3年生と試合をやっている中で一番楽しかったので良かったと思います。後は僕達の番なので、先輩達の分まで頑張りたいです。

菅野 渓太
 
       
僕はこの絆甲子園では、みんなが震災のことを忘れ、チームの一人一人が力を合わせて、自分たちが持っている力を発揮できたと思います。自分たち1年生も一人一人力を合わせて自分も自分なりに力を発揮できたと思います。

及川 翔
    僕は、3年生最後の試合で声もちゃんと出しました。いい試合でおしい試合で、みんな全力でがんばって、震災の事を忘れて一人一人が力を合わせて試合をがんばっていました。僕たち一年生も一人一人が試合で持つ力を発揮することが出来ました。

畠山 佑
 
         
僕が絆甲子園での感想や感じたことがあります。感じたことはどこのチームもみんな身長が大きかったです。そして夕食のときに、青山チームは800グラムも毎日食べていると聞き、ビックリしました。そして元気のあるチームは強いなぁと感じました。

齊藤 大成
    僕は、この絆甲子園に出場して思ったことは、出場してきたチームの選手一人一人が、この大会を楽しんでいるようでした。この絆甲子園では、絆がないと試合には勝てないということがわかりました。来年のこの絆甲子園がある日では、僕も出場し、1位になり他のチームの選手たちと友達になりたいです。

藤野 光
 
         
僕は「絆甲子園」に出場して、とても良い思い出になりました。僕は2,3年生の選手の人達と一緒にプレーは出来なかったけれど、1年生だけの試合は僕は初めてだったけれど、いつもと同じようにプレーできたと思いました。ハプニングがあったけれど、みんなとの「絆」がさらに深まったと思いました。良い大会でした。

熊谷 星南
       
 
 
気仙沼リトルシニア石巻リトルシニア石巻中央リトルシニア|東松島リトルシニア|郡山リトルシニア
相双中央リトルシニア|千葉北リトルシニア八千代リトルシニア|東京青山リトルシニア
>> 参加チーム紹介に戻る <<
 
絆甲子園事務局
大会趣意主催者メッセージ開催報告絆~きずな~次回開催予定メディア紹介絆リンク
〒104-0031
東京都中央区京橋三丁目7番1号 相互館110タワー5階
TEL:03-3562-3000 E-Mail:info@kizuna-koshien.com
絆甲子園に関するお問い合わせはこちら